釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-08 「タイ★亜細亜最強スネークヘッド編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-08 「タイ★亜細亜最強スネークヘッド編」2009.11.25掲載

皆さん、こんにちは。YGKフィールドテスター、ウヤマ カズヒロです★今回の「一魚一会★世界秘境怪魚釣行記」はボクの一番お気に入りのゲームフイッシュ「ジャイアント・スネークヘッド」のタイ編です。この魚はタイ、マレーシア、台湾など、ほぼアジア全土に生息する世界最強のスネークヘッド(雷魚)で、このG・スネークヘッド、タイでは「チャドー」、マレーシアでは「トーマン」台湾では「魚虎(イフ)」と呼ばれ各国でも人気のゲームフイッシュとして注目されています。

スネークヘッド(雷魚)なので=日本のカバーでの雷魚ゲームのような想像をする人も多いかもしれませんが、この魚、日本の雷魚(カムルチー)とは別モノの魚で回遊性が強く「吸い込み型」の捕食でなく「噛み付き型」の捕食スタイルでボトム~サーフェイスまで様々なルアーで釣りを展開することができる、まさにアジア最高最強のゲームフイッシュだと思います。タックルも日本の少し強めのバスタックルで充分に対応できますし(大物は別)、その攻撃的で力強いファイトはバス釣り好きなら、一度体験したら病み付きになるコト間違いなしのGOODファイターです♪昨年は、このスネークヘッドの台湾編を書きましたが今回はタイ編です。
今回メインに使用したタックルは3タックル。バズベイト用にdeps SIDEWINDER The SLAP SHOT FLIPPING EDITION+ANTARES DC7、ラインシステムはGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号)、リーダーにはナイロンのGALIS CASTMAN Absorber60Lbsをチョイス。ミノー用にdeps SIDEWINDER The SUPER BORDER+ANTARES DC7、ラインシステムはGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号)、リーダーにはフロロのGALIS FCAbsorber 60Lbsを使用。そして「もしもの大物」用にはdeps SIDEWINDER HUGECUSTOM70(プロト)+ANTARES DC7、ラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号)、リーダーにはフロロのGALIS FCAbsorber 80Lbsというタックルで挑んできました★
今回は3年前に行ったタイ・トラート県にある中規模のリザーバー2箇所を4日間で回ってきた。前情報では季節外れの豪雨にて増水&濁りで厳しいという、いつものとおり(笑)のコンディション。最初に行った湖では前情報通り、濁り&強風の為2日間で3キロのSヘッドを1本という貧果に終わった。。

最後の望みを賭け2つ目の湖に移動、ここは水もまだ前の湖よりはマシで釣りになりそう!雨が降り出しそうな中、タイ人の友人達と出船。午前中はノーバイト…、そして午後は落雷と豪雨…。諦めかけた夕方前、雨も小振りになり雷も止んだので出撃。雨のおかげか?雷のおかげか?夕方は高活性で6.5キロ、7.5キロとナイスサイズを連発★やっぱり釣りは最後までわからない!この3日間、フッキングミス、強風、豪雨、落雷、エンジントラブルでの漂流と、まるで「持ってなかった」ケド、この夕方の2本で全て帳消し(笑)。おまけに自己記録更新&50LbのIGFA50Lbラインクラス更新というオマケ付き♪残念ながら小雨の中、タイ人の友人に撮ってもらったIGFA申請用の写真はピンボケで使えそうにないので申請はできず(涙)。だが自分的には充分すぎる結末に大満足での納竿でした。

今回の7.5キロの魚は立木が多く水中に沈んでいるエリアで掛けた為、巻かれてラインブレイクしたりする可能性もあったがGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号) +GALIS FCAbsorber 60Lbsを使用していたので、そういった不安もなく安心してファイト→ランディングができた。ボクは立木やブッシュがキツい場所ではリーダーはフロロを使用。通常のフロロリーダーに比べFCアブソーバーは柔らかく使いやすいし強度も強いのでオススメですよ★