釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-10 「アフリカ・モロッコ★ラージマウスバス編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-10 「アフリカ・モロッコ★ラージマウスバス編」2010.03.29掲載

皆さん、こんにちは。YGKフィールドテスター、ウヤマ カズヒロです★今回の「一魚一会★世界秘境怪魚釣行記」は北欧スウェーデンからの続きでアフリカ・モロッコ編です。
アフリカのバス釣りというと南アフリカ・ジンバブエのライオンズデンなどが有名ですがフランス領だったモロッコには十数年前からフランス人によってラージマウスバスが移植されておりモロッコ中の湖でカナリ釣れてるらしいです。今回はボクの釣り旅行会社の欧州ツアーの下見を兼ねてモロッコにフランス人オーナーがOPENさせたというロッジに行ってきました。

事前情報では1日100匹!サイズは40~50cm。と遊ぶには最高の状況!
確かに1日100匹はウソではなかったケド、サイズが…
20~25cmのマメバスはマジで入食いですが40~50cmは50匹に1本混ざるかどうかっていう厳しさ。今回はいつものハンティング系の釣ではなく、ゆるーいバケーション系のバス釣りです。

今回使用したタックルは、ほぼ1タックル。バズベイト&スピナベ用にdeps SIDEWINDER The BOA CONSTRICTOR+ANTARES DC7、ラインはNITLON DARM14Lbs。他にもビックフイッシュを想定して3タックルほど持ち込んだのですが何せマメサイズばかり…使用したのは、ほぼこの1タックルでした。今後行かれる人はスピニングや、もう少しライトなタックルで行くと、より遊べると思います。

今回、最初はサイズアップを狙い色々と試行錯誤しましたが「コレ」といった確立パターンはつかめないまま終わってしまいましたww。岸際にウィードが多い湖でそのエッジをスピナーベイトやバズベイトで流していく釣り方が最も効率よく今回はよかったです。またスピナーベイトに掛かった20cm位のバスに50cmオーバーのバスがアタックしてくるシーンもありました。湖の生態系が悪いのか?大きいバスは全て小バスを喰っている感じです。今後餌や環境のコトもオーナーにアドバイスしてきたので数年もすれば本当に4~50cmが1日100匹の湖になる可能性は充分な場所です。
このモロッコ釣行は瑛出版社のバスワールド誌11、12月号にて掲載しておりますので、よろしかったら是非ご覧くださいませ。

尚、モロッコでのバス釣りツアーはパリ観光してからのカップルにオススメのツアーです。
ツアー料金もメキシコなどのバスロッジに比べ半額くらいと格安ですので興味のある人は下記までお問い合わせください!

ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/