釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-11 「マレーシア・ロンピン★セイルフイッシュ編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-11 「マレーシア・ロンピン★セイルフイッシュ編」2010.04.11掲載

皆さん、こんにちは。YGKフィールドテスター、ウヤマ カズヒロです★今回の「一魚一会★世界秘境怪魚釣行記」は馬国・ロンピンのセイルフイッシュです。ここ数年マレーシア・ロンピンのセイルフイッシュ・ゲームは世界的に有名になり、世界中の国からセイルを狙いに沢山のアングラーが訪れます。日本からもマレーシアは、近く治安もよく安いので、ここ数年は日本人アングラーも数多く訪れているようです。今回のマレーシア釣行はトーマン釣行(G・スネークヘッド)がメインなのでセイルはオマケ的に1日半の実釣。バンコクから陸路3時間程のドライブでロンピンに到着。その日の午後半日と翌日1日のアタックでした。

2週間前に行った馬国ローカル仲間の情報だと「新しい群れが入っていて1日半、ルアーでバコバコ!」とのコト。が、前日に船長に聞くと「モンスーンが始まりかけていて海もウネリが強く新しい群れもいない」と毎度のオチ(笑)。それでも「1本くらいは釣れるだろう」とお気楽気分でロンピンへ。

今回使用したタックルは2タックル。Depsから今期発売になるヒュージカスタムの
テストも兼ねてベイトとスピニングの2タックル。ベイトはdeps H HUGE CUSTOM PLOT+CONQUEST401。それにULTRACASTMAN X8 62Lbsを200m巻きリーダーはGALIS CASTMAN Absorber 80Lbsに先端1m程Absorber 200 Lbs入れる。スピニングは
CARPENTER BC66MR+SHIMANO STELLA8000SWこちらもULTRACASTMAN X8 62Lbsを巻きリーダーは同じくAbsorber 80Lbs +200 Lbs。

結果から言うと1日半でルアーでのバイト&フッキングは6回程ですべてフックアウト(涙)
日中や午後はウネリも強く反応も悪かったですwそして船頭がサビキを投入(笑)。鯵を背掛けにして泳がすと一撃フイッシュ!(爆)。「あのルアーでの苦労は…」と思うほどに餌だとイージーに釣れます。セイル、初速のダッシュは100m程でナカナカ楽しいですが、あとは全然引きません。残念ながらベイトで掛けられなかったが、強いベイト竿に4号を200m巻いてあれば充分に獲れる魚でした。今年はモンスーンが少し早くルアーでの反応がイマイチでしたが2~3日シッカリ釣り込めばルアーでも充分にキャッチすることができるセイルフイッシュ。一応ビルも付いていますし(笑)、設備も整っていますのでオフショアゲーム好きの方にはオススメの釣りですね!

日本だとシンガポールを経由していくツアーが殆どですが弊社ツアーでは
マレーシア、クアラルンプール空港から車で直行(約3時間)というツアーをご用意しております。食事も気候も最高にいいマレーシアでのセイルフイッシュ・ゲームを是非どうぞ!
料金設定もシンガポール経由より割安ですので興味のある人は下記までお問い合わせください!

ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/