釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-12 「タイ・スラータニ★フラワートーマン編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-12 「タイ・スラータニ★フラワートーマン編」2010.06.23掲載

皆さん、こんにちは。YGKフィールドテスター、ウヤマ カズヒロです★今年一回目の「一魚一会★世界秘境怪魚釣行記」はタイ・スラータニのリザーバーにてスネークヘッド・コンプリート釣行です。この湖はGスネークヘッド、Sスネークヘッド、フラワートーマン(オセレイト・スネークヘッド)、アーモンド・スネークヘッド、コブラ・スネークヘッドの
亜細亜スネークヘッド5種が生息するマレーシアとタイの国境付近の湖です。

特にフラワーとアーモンドの大型個体が多く、ルアーで狙って釣れる湖としては世界有数の湖だと思います。今回は記録級の大型Sヘッド狙いではなく3年前に狙って玉砕したフラワーとアーモンドを狙って獲る!という釣行でした。

3年程前に釣行した友人のタイ人ローカルアングラーは「フラワーもアーモンドも4日も釣れば1本くらいは釣れると思う」とのコトでしたが、いざ湖へ行くと状況はイマイチ…
Gスネークもアベレージ2~3キロという厳しい状況。結局4日間の実釣で2.8キロのフラワーを1本のみ、アーモンドは最後の最後に掛けたけど痛恨のフックオフ(涙)。
Gスネークとはポイントも違い、両スネークヘッド共に、それ専門に狙って釣らないと厳しいというのが今回の現状でした。また両スネークヘッド共に食すと美味いらしくタイ人は全てキャッチ&イートのようで魚自体もどんどん減っているように感じました。

今回持参したタックルは3タックル。大型用にdeps HUGE CUSTOM 73+ANTARES DC7、ラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号)、リーダーにはフロロのGALIS FCAbsorber60Lbs。巻物用にdepsSIDEWINDER The SUPER BORDER+ANTARES DC7、ラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 33Lbs(2号)リーダーはGALIS CASTMAN Absorber60Lbs。 LW用にdeps SIDEWINDER The OUT CROSS+MG DC7ラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 33Lbs(2号)リーダーはGALIS CASTMAN Absorber60Lbs。
をチョイス。

4日間実釣した印象から怪物クラス用のタックルは不要だと感じました。
特に岸沿いを撃っていくフラワーやアーモンド用として使うならPEラインではなくNITLONベイトタイプⅡ20LB やNITLON DARM20Lbs程でも充分に対応できると思います。特にBASSアングラーの人は使い慣れてないPEラインを使うよりフロロやナイロンと言った使い慣れたラインを使ったほうがキャストも決まり釣果も上がるのではと思います。この湖は政府の自然保護区域に指定されており象、虎、コブラなどの野生動物も多く運がよければ、それらの野生動物を見ることができます。

実際にボクらが行った時も森の中を大型の動物(おそらく象だと思います)が移動しているのを何回も見ています。熱帯魚ファン垂涎のサイズのスネークヘッド族をルアーで狙って釣れる数少ないフィールドであり大自然が残された場所であるタイ・スラータニ。環境破壊、自然破壊が進む現代だからこそ我々が大事に次世代に残していかなければならない場所だと痛感しました。

上記フィールド情報に興味のある人は下記までお問い合わせください!
ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/