釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-17 「韓国★バス編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-17 「韓国★バス編」2010.09.08掲載

今回は来年より弊社(旅行業ONEBITE★ONEFISH)でのツアーを開始する韓国の湖、野池、沼を視察に行ってきました。韓国というと10数年前に流行った安東湖が有名でしたが現在、韓国では無数のリザーバー、野池といったフィールドに、ほぼバスが入っており韓国内でもバス釣りが再び注目されつつあります。

今回の目的はフィールド、インフラ等の視察がメインだったので仕事後の夕方数時間だけ韓国ローカルアングラー達とオカッパリを楽しんで来ました。
サイズこそ40cm弱と小さかったですがフロッグやバジングといった表層ゲームでバイトの嵐!そういった釣りをする予定がなくタックルもラインも準備していなかったので(カバーゲーム普段はPEライン使用)しかたがなくリールに巻いてあったニトロンDARM16Lbsのままでの釣りでしたが魚のサイズが小さく、巻かれたり、ラインブレイクなどはなく楽しい釣りとなりました。

翌日は案内してくれた韓国バス業界の重鎮キム氏の計らいでボートでの釣り。
でしたが、数日前からの大雨に加え当日は朝から豪雨の為濁りがキツク、この日は40cm弱を1本のみという貧果に終わってしまいました…

今回はカバーゲームを想定していなかったので用意したタックルはdepsSIDEWINDER OUTCROSS+ANTARES DC7。ラインはニトロンDARM16Lbsのみでした。

日本から2時間弱のフライトで着く隣国「韓国」。
バスの他にも在来種のソガリやライギョ釣りもできる素晴しいフィールドです。
また釣り以外にも文化や食事も面白く美味しく日本から週末を利用して2泊3日で充分に楽しめる身近なフィールドです。今回案内してくれたキム氏は「外国に釣に来るという感じではなく日本の延長で遠征に来る感覚で是非遊びに来てください」と言っておりました。
ボクは東京在住で月に1度琵琶湖へ行きますが、その時間や経費を考えると韓国へ釣りに行くのと、ほぼ同じくらいです。魚影も濃く、食事や文化も楽しい韓国でのフイッシングは今後スタンダードになっていくのではないでしょうかww

韓国フィールド情報に興味のある人は下記までお問い合わせください!
ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/