釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-21[仏ギアナ★アイマラ編]

鵜山 和洋WORLD Field Tester

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-21[仏ギアナ★アイマラ編]2011.07.11掲載

南米にロストワールドといわれる区域がある。ギアナ高地のあるギアナ3国だ。
「アイマラ(タライロン)の記録級サイズが数多く生息している場所がある…」という情報を耳にしたのは2007年の事。よくよく調べていくと、その伝説のフィールドはギアナ3国の内の1つ仏ギアナであるコトがわかった。南米アマゾン、ブラジル・ベレンのすぐ横に隣接する国「仏ギアナ」。ガイアナ、スリナムと並ぶ仏領のギアナ。南米であるのに言語はフランス語、通貨はユーロで入国も一旦パリへ入国して国内線でギアナに飛ぶという、いわゆる「米国経由ルート」ではなく「欧州経由ルート」でのアプローチ。なんだか遠回りに聞こえるかもしれないが成田~パリ12時間パリ~カイエンヌ10時間と、むしろ米国経由ルートよりも楽な気がした。初の欧州周りでの南米釣行!結果はいかに…

今回使用したタックルはdeps HUGE CUSTOM 58PLOT1+ ANTARES DC7。ラインGALIS ULTRACASTMAN X8 62Lbs(4号) リーダーGALIS CASTMAN Absorber60Lbs deps HUGE CUSTOM 58PLOT2+DAIWA・RYOGBJ。ラインGALIS ULTRACASTMAN X8 86Lbs(6号) リーダーGALIS CASTMAN Absorber80Lbsの2タックルのみ。

結果から書くと近年稀の大爆釣!今回は日本から4名+仏から1名の計5名での釣行であったが5日間の実釣でキャッチしたアイマラ(タライロン)は120本以上!最大は10キロUP(釣ったのはボクじゃないケド…笑)という素晴らしい釣果に恵まれました。2006年にアマゾン・シングー河でインディオに襲われ蚊の猛攻に耐え1週間かけてナントカ1本キャッチできた幻の怪魚タライロン。(アイマラとタライロンは同じ魚で呼名が違うだけ)その憧れの怪魚が「こんなに釣れていいの?」という位に水面を炸裂させルアーをボロボロにしてくれた。ピーコックバスやピラルクーというスター怪魚なら兎も角「アイマラ」という熱帯魚や怪魚マニア以外は知らないようなマニアックな魚種のみを求めての今回の仏ギアナ釣行。もし、この魚「アイマラ=タライロン」に興味がるなら仏ギアナを絶対にオススメします。ロストワールドの名称はダテじゃない!大自然と太古の怪魚が最高の体験を約束してくれるでしょう!

アイマラ@仏ギアナ釣行に興味のある人は下記までお問い合わせください!
ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/