釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-28[マレーシア★ピーコックバス・ルアマガ編]

鵜山 和洋WORLD Field Tester

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-28[マレーシア★ピーコックバス・ルアマガ編]2012.02.27掲載

ピーコックバス、ご存知アマゾンの代名詞的な釣師憧れのゲームフイッシュ。この数十年でマレーシア、シンガポール、タイ、台湾、ハワイなどに移植され各地に根づき自然繁殖しており各国でアングラーを楽しませている。今回はルアーマガジン誌の人気企画「ドラマチックハンター」のコーディネイト役としてマレーシアのピーコックバス釣りガイドをしてきました。

昨年の爆釣から約1年、事前に同じ池にローカル仲間が数回に渡りリサーチしてくれるが池の状況は可もなく不可もない感じ…、兎に角ゲストで日本から来られるルアマガ班にはナントカ釣ってもらいたく朝から奮闘しつつボクも一番最後をルアマガ編集長を乗せ流しながら時折キャスト。殺気が消えていたからか(笑)?ミニブロスに大型ピーコックがヒット!アマゾンのピーコックバス釣りだとフェザージグが鉄板だが、ここMalaysiaピーコックバスではスピナーベイトが鉄板。もちろん朝夕のローライト時はトップで水面炸裂!前にも書いたが、この釣場は盆地の為午前中10時を過ぎると無風と猛暑で釣りにならない程に暑いが、この日は取材で朝~夕の通し釣行。昼間はテントを立てビーチで水浴び。途中バケツをひっくり返したようなスコールにも見まわれながら夕方まで釣りきり終了となりました。

灼熱のMalaysia野池にて笑いありドラマありの、まさに「ドラマチック」な取材になったと思います。詳細は2月25日発売のルアーマガジン4月号をご覧下さい。

今回使用したタックルはdeps SIDEWINDER The HazardMaster DC7ラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 33Lbs(2号)リーダなしの直結の1タックルのみ。ピーコックバスといってもアマゾンで狙うような大型になるアスーと呼ばれる種類ではないのでライトタックルで充分に楽しめる(たまに5キロ級のトーマンが掛かるが…)

バスタックルで楽しめるMalaysiaのピーコックバス釣りは、本当にお手軽なので初めての海外怪魚釣行される方にもオススメのフィールドです。

マレーシア・ピーコックバス釣行に興味のある人は下記までお問い合わせください!
ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/