釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-30[マレーシア★ピーコックバス・PV編]

鵜山 和洋WORLD Field Tester

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-30[マレーシア★ピーコックバス・PV編]2012.05.17掲載

ピーコックバス、ご存知アマゾンの代名詞的な釣師憧れのゲームフイッシュ。この数十年でマレーシア、シンガポール、タイ、台湾、ハワイなどに移植され各地に根づき自然繁殖しており各国でアングラーを楽しませており特にマレーシア野池でのピーコックバス釣りは手軽で値段も安く弊社ツアーでも人気が高い。今回は、そんな人気のマレーシア野池ピーコックバスのツアー用PVの撮影をしてきました。普段はアルミボートを入れて釣りをするのですが亜熱帯地域では水位の増減が激しく目的の池がなくなったり道が水没したりとアルミボートを下ろせなかったりする場合が多々ある為、今回はゴムボートメーカーさんの協力で手漕ぎゴムボートでピーコックを狙ってみました。

撮影日は2日間、雨季が続き数ヶ月前まで釣りができた池などは2m以上の大増水!おまけに進入経路も水没しコンディションは最悪。それでも「撮るしかない」とナントカ池まで辿り着くが水色は最悪…、執念でトップに数本出しましたが大型のバイトは得られず初日終了。2日目は少しでも水質のよい池をランガンしながらナントカ絵になるピーコックをキャッチ。終わってみればスピナーベイトでトーマン、ハロワン、セバロウを8本程キャッチと、まぁまぁ成功したのではないかとw

通年で釣りはできますが野池なので、ちょっと強い雨などが降ると釣れなくなりますが、必ずコンディションの良い池はあるので、そういった池を探していくのが、また楽しさでもあるマレーシア野池ピーコックバス釣り。バスタックルで楽しめるMalaysiaのピーコックバス釣りは、本当にお手軽なので初めての海外怪魚釣行される方にもオススメのフィールドです。

今回使用したタックルはdeps SIDEWINDER The HazardMaster DC7ラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 33Lbs(2号)リーダなしの直結の1タックルのみ。ピーコックバスといってもアマゾンで狙うような大型になるアスーと呼ばれる種類ではないのでライトタックルで充分に楽しめる(たまに5キロ級のトーマンが掛かるが…)

マレーシア・ピーコックバス釣行に興味のある人は下記までお問い合わせください!
ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/

マレーシア×ピーコックバスのツアーPVはコチラ
http://www.youtube.com/watch?v=AIkdN7ZbKwk&feature=plcp