釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 【Vol.40 】一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-40[インドネシア★パプアンバス新規開拓編]

鵜山 和洋WORLD Field Tester

【Vol.40 】一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-40[インドネシア★パプアンバス新規開拓編]2013.06.17掲載

先月に引き続き、またまた新規開拓釣行へ行ってきました。今回はパプアニューギニア島のインドネシア領。ジャカルタでPNGとSingaporeから参加の友人と待ち合わせして国内線を乗継ぎ目的地へ。到着→そのままキャンプで釣り遡る予定でしたが準備不足で1日足止め…、翌日なんとか出発できたがトラブルの連続。インドネシア領ですがボーダー付近に住む人々はPNGと同じで川への立ち入りには許可が必要でむやみにキャンプなどはできません。今回も雨に呪われ終始雨…涙、それでも雨が降る前に小型ながらもPNGバスの巣のようなエリアも発見。いつものパプアニューギニア釣行とはロケーションの違う釣場開拓は辛楽しい釣行となりました。

今回も同じく使用したタックルはdepHUGE262+RYOGA/BJ改、ラインはGALIS ULTRACASTMAN FULLDRAG WX8GP-D90Lb(6号)リーダーはGALIS CASTMAN Absorber100Lsザイロンノット30号×2タックル。数年前まではPE+ワイヤー直結仕様をメインにしてましたが今回も柔らかさとリグりやすのザイロンノットを使用。特にサーフェイスルアーのアクションはワイヤーに比べ格段にUPするのでワイヤー多様のアマゾン系のルアーフイッシングにもカナリお薦めです!ワイヤーのように専用プライヤーも必要なく8の字で結べばOKの手軽さは淡水秘境フイッシングには必至イテムですよ!

今回調査に行ったインドネシア領の西パプアは、まだまだ未開の川もジャングルも数多く残っており今後無限の可能性は感じましたがゲストを案内できる環境ではないと実感、これから仲間と時間を掛けてオペレーションをしていきたいと思います!

パプアンバス釣行に興味のある人は下記までお問い合わせください
ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/