釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 佐野 ヒロム > 七里ヶ曽根 クロマグロ

佐野 ヒロムOFFSHORE Field Tester

七里ヶ曽根 クロマグロ2009.07.19掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

6月初旬、対馬と壱岐の間に在る七里ヶ曽根に、私の憧れクロマグロ釣行に行きました。
この時期は全国からアングラーが集まり、なかなか船を取るのも容易ではなく、来年の予約も今のうちから組まないといけない状況です。
今回は福岡姪浜漁港の華栞丸で出陣した。
昨年はサイズも数もよく出たが、今年の現時点ではあまりいい状況ではなかった、しかしフィールドに出てチャレンジしなければどうにもならない。
初日ポイントに到着、恒例のお神酒を済ませマグロを探すが午前中はなにも起こらなかった。
東野船長が『そろそろくるよ』その読みどおりの時間と場所に、トビウオが猛ダッシュで逃げ惑い、すぐ後ろを魚雷のようなマグロがドカドカ水飛沫を上げて捕食している。その軌道にリンクできるようにフローティングペンシルを打ち込んだ、2回目のアクションでバイト、凄い衝撃で大物の感触を体で受け止めながら隣を見ると、同行の釣友メロン屋工房永井氏とのWヒットだ。二人で顔を見合わせ重なるラインを交わしながらこの時を待っていた二人であったが、10分後水面まで浮いてきたランディング寸前の私のマグロがフックアウトしてしまった・・・悪夢だ。全身の力が抜け、自分のやってしまった事の重大さに苛立ち、同船者の慰めも耳に入らないくらい、とても辛かった。永井氏は67キロの大物を仕留めた。仲間が獲ったことは本当にうれしく感動したが、同時に自分を責める気持ちの切り替えで必死だった。
翌日は朝4時集合で、体も疲労が溜まっているのに、深い眠りにつくことはなかった。

翌朝、眠い目をこすりながら枕元に置いて祈ったタックルを持ち再チャレンジだ。
薄暗いうちから港を離れ七里に到着したが、しばらくは静かだった。
最初のナブラは、ロッドを振り切りルアーを飛ばしたばかりの私の背後で起きた。名古屋RISINGの謎の大物釣り氏S氏がなんなく38.5キロを獲った。
私は、プレッシャーと、何時くるかわからないチャンスのために、それをわかって一生懸命探してくれている船長のためにも、キャストし続けるしかなかった。
しばらくすると突然、マグロが沸いた。トビウオが逃げ、万全の戦闘体制にはいる、キャストする自分が一瞬冷静になった。向こうに行くマグロ、目の前のマグロ、先頭で捕食しているマグロ、逃げ惑うトビウオ、ココだと思い投げた、ジャークしようとした瞬間に、ヒット。そしてフッキング。
昨日より大きくないとわかったが、心臓が飛び出る思いを抑えながら慎重にやり取り、昨日の悪夢を頭の中から消しながら、夢中だった。横に居る永井氏も他の皆もエールをくれた。自分に「絶対獲る」と何度も言い聞かせながらようやくランディング。
37キロだった。サイズは昨日よりかなり小さいがうれしかった。船長と同船していた人達に感謝の気持ちでいっぱいになった。体から悪夢が少しなくなると、サングラスの中の目が潤んでしまった・・・・・

最終日、マグロは獲れなかった。
釣った人もいれば釣らなかった人もいる。私は運よく釣れて思い出ができました。
初めてルアーを投げた時を考えると想像もつかないことをしています。
私はそんなマグロ釣りが大好きです。

ロッド   プロトタイプ

リール   ステラSW18000HG

ライン   ガリスウルトラキャストマン#6 #5

リーダー  ガリスキャストマンアブソーバー 
      130~200lb

ルアー   CB-ONE OZMA HW
             GIGA OZMA
             ペンシル プロト 
      メロン屋工房 TW190F170Fプロト
             UW160 130   
             RF155SS  

お世話になった船宿
華栞丸  http://www.kairakutai.com/