釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 佐野 ヒロム > 2010年東伊豆マグロゲーム

佐野 ヒロムOFFSHORE Field Tester

2010年東伊豆マグロゲーム2010.09.09掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロトシンキング220できた47キロクロマグロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

この先についている獲物は黒

YGK UOYA フィールドテスター フォト

34キロクロマグロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

82と85のプロトロッドとヨツアミライン5~8号は全ての魚を10分以内で勝負を決めてくれた

YGK UOYA フィールドテスター フォト

キハダのブラインドキャストはよくバイトしてくれた

YGK UOYA フィールドテスター フォト

タックルとマグロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

マッチザベイトでしか口を使わなかった オズマHW12,3キロの黒

YGK UOYA フィールドテスター フォト

この日1本めはフローティングでプロト210

YGK UOYA フィールドテスター フォト

この日2本目はシンキングだった。

YGK UOYA フィールドテスター フォト

オーシャンマークのスプールがジェットランを何度も防御してくれた

YGK UOYA フィールドテスター フォト

シービーワン林氏 40キロクロマグロ キャストマン6号リーダー170ポンド

YGK UOYA フィールドテスター フォト

多治見師匠とオズマHWで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

Wヒットもあった

YGK UOYA フィールドテスター フォト

34キロ プロト220シンキング

今年の東伊豆は6月中旬から連日凄い釣果でした。

80キロの釣果もあり、サイズ、数ともに記録的な年だと船長も驚いています。
日によって様々なパターンが見られいろいろな事が試す事ができ結果も残せました。

圧巻だったのは朝から納竿をすぎても鰯のナブラがあり、そのナブラに、未練を残しながら港に帰った時などもありました。

黒潮や気圧配置により、少しだけ海水温が変わっただけで、魚種が入れ替わったり、口を使わなくなったりした。

ルアーも大小、浮くかステイか沈むのか、その日のパターンでよく変わった。

キャストの精度、アプローチ、ルアーアクションの間も様々なことが試せて最高に楽しい時をマグロに過ごさせてもらいました。

6月~7月の全ての釣果は12人満船の乗り合いの釣果でした。
9月マグロはまだ見られジギングでもバイトがあり、もう少し水温が下がる秋が楽しみです。

夢は伊豆で叶うのか・・・・・

ロッド  CB-ONE VF807SR VF7910プロト
          TUNA82 85プロト

リール  SIMANO ステラ18000HG 
     DAIWA  ソルティガドッグファイト6500
          全てのスプールハンドルはスタジオオーシャンマーク使用

ライン   YGK  ガリスウルトラキャストマンX8 
      5号6号8号
リーダー  YGK ガリスキャストマンアブソーバー
      80~200lb
フック  オーナーST66 2/0 3/0 4/05/0
ルアー  CB-ONE ロデオ160 210(プロト)
    シンキング190 220
    メロン屋工房 TW190F 210F