釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 佐野 ヒロム > 12月の釣行レポート

佐野 ヒロムOFFSHORE Field Tester

12月の釣行レポート2013.01.16掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロデオ145にヒットしたヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

12月23日 土屋氏13キロのヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

メロン屋工房 永井氏 サワラがヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

フルドラグ5号とキャストマンアブソーバー100lbのセッティング

YGK UOYA フィールドテスター フォト

10キロのヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ジギングで6.4キロの大鯛も

12月26日と27日に千葉の山正丸さんでの釣果です。
外房のヒラマサが絶好調。多くの鰯が入り込み表層までヒラマサが喰い上げて、活性高いヒラマサ、サワラの群れが回遊しています(12月27日)。
当日は小型ルアーへの反応が良く、喰わせるには飛距離とキャストの精度が重要でした。ヒラマサはいずれも大型のためタックルの選択が難しいですが、そのポイントの根擦れリスクの危険度で、飛距離とファイトの優先度合いを変えていくことが釣果を伸ばすと思われます。

12月23日
数こそはでなかったものの28キロを超える大型が釣れており、また22日も20キロオーバーがキャッチされております。このような大型は全ての条件が満たされた時に口を使いますが、その条件はとても複雑だと思います。それだけに釣った時の感動も大きく、またその難しさが外房というフィールドの魅力ですね。

 

<タックルデータ>
ロッド:VF798ER
ルアー:ロデオ145
リール:ソルティガ +NO LIMITS ST6300VerZ
ライン:よつあみ フルドラグ6号+キャストマン100LB
スイベル:スタジオオーシャンマーク オーシャンスナップ