釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 石井 逸寛 > 明翔会懇親釣大会

石井 逸寛磯 Field Tester

明翔会懇親釣大会2015.01.24掲載

1月13日、明翔会懇親釣大会が、愛媛県宇和島蒋渕の磯で行われた。
当日の天気予報は、曇り後雨、この時期の天気ではいい条件で、AM4時30分受付、抽選を開始、宮川明会長、率いるグレ釣り大好き仲間が、34名が蒋渕の影山渡船に集結。
5時過ぎに沖磯目指し出船。チギリバエから降ろして、私は黒島3・5番のワレに上がり、タックルの用意にかかる。
竿1・5号、リール3500番、ミチイト・YGK SuperStrongTUG磯 2号、宮川ウキハード0号・リベンジαG2、ハリスGP-Z2号、グレ針6号を用意。
マキエは、オキアミ9㌔・グレパワースペシャルグランディス・遠投ふかせTR・グレパワーV9徳用・爆寄せグレ。さしエは、くわせオキアミスパーハードM・L、特鮮むきエビを使用。
この磯は、満ち潮が良く、隣の磯に当たった潮のヨレ・潮目でいい釣果が望める。
釣り開始早々に、潮のヨレに漂っていたウキが引き込まれた、アワセを入れると、小気味良い引き、小型だがグレ!今回の規定は5匹なのでとりあえずキープ。
このポイントをもう一度流すと、「ズドン」と竿引きのアタリがあり、アワセを入れると竿は満月状態、ゆっくりとあしらいながら、上げてくると50㌢近いグレ!足元で最後の突っ込みをかわし、タモいれ成功!朝から幸先のいいスタート!?
柳の下にまだドジョウが居ないかと、もう一度同じポイントへ仕掛けを入れると、潮のヨレに引きこまれたウキが、消えた!すかさずアワセを入れると、いい重量感、先ほどのグレに負けないぐらいのファイトをしてくれる!やはり良型のグレ!!タモ入れOK。
ライブウェルに入れ、傷んだハリスを交換している間に潮がたるみ、ヨレが無くなりだしている!同じポイントを攻めるが後が続かない。
仕掛けを変え、ウキを沈めてアタリを待つと、ラインがスーっと走った!ズンとアワセを入れると、いい引きをします。それも良型!!この後も四苦八苦しながら、沖の潮目・ヨレ・潮が変化しているところをさぐり、良型グレ4匹追加し、納竿の2時になり終了。
帰港後、検量の結果、7010㌘で1位になることができました。

影山渡船  TEL 0895 63 0002

明翔会姫路 石井逸寛