釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 石井 宏明 > 兵庫県釣連盟グレ釣りチャンピオン戦

石井 宏明磯 Field Tester

兵庫県釣連盟グレ釣りチャンピオン戦2014.02.13掲載

兵庫県釣連盟グレ釣りチャンピオン戦が、12月1日小豆島の磯で開催されました。この大会は、兵庫県釣連盟に在籍する「ふかせ釣り師」ならぬ兵が、1年の最終決戦トーナメント方式を報い、(グレ釣りチャンピオン・名人位)を決める熱き大会です。私も頂点を目指し、頑張って来ました。

この日は、道糸ハイパワーDMV磯1.5号、ハリスGP-Z1.2~1.5号を使用しました。
1回戦(赤岩)で、三木さんとワンツーマン試合、この試合は大苦戦しました。潮が手前へ当て潮となってしまい、グレの活性が上がらないまま時間だけが過ぎてゆく、結果1匹づつ470g対390gで、辛うじて私が2回戦に進む事が出来ました。

2回戦は、風ノ子島(東のハナ)で、笹野さん・西尾さん・私の3人試合。第1R左のポイントに入った私は、シモリの周りを攻めコッパグレ2匹をキープ、西尾さんが本命場で良型2匹を釣り上げ一歩リード。第2Rは3者とも沈黙状態が続き第3Rに突入、最後本命場に入った私に、潮が後押ししてくれ良型4連発。結果1790g対990g対480gで一気に逆転勝利することが出来ました。

いよいよ決勝戦、舞台は(橘の波止)で行われました。決勝戦に駒を進められたのは、丸井さん・私の兄(石井逸寛)・私 と兄弟対決もさることながら、3者共(明翔会姫路)の会員同士の戦いにもなりました。普段から一緒に釣りをしている仲間なので、手の打ちようは分かっております。試合は、グレ10匹の総重量で競われ、魚の活性が物凄く良くシーソーゲームの展開で試合が進む中、私は対戦者より深いタナ3ヒロ~3ヒロ半を攻めて見た所、良型がポツリポツリと釣れ少しリードした様子。一方丸井さんは、4連発の大バラシに見舞われスタートダッシュに失敗で、リズムを崩した様子。またまた兄はと言うと、1回戦・2回戦と圧倒的な勝利で勝ち進んできた勢いがそのまま行ってしまうのかと思われたのだが、数は釣れるものの型がいま1つと行った様子。最後まで3者共、全力で釣技を競い心緩むことなく戦った結果。

丸井さん、3550g・石井逸寛さん、3790g・私、4260gで、私が25年度グレ釣りチャンピオンになる事ができました。自身3度目のチャンピオン、本当にうれしいです。これからもず~と、釣りを続けて行きたいと思っております。

UOYAよつあみ様には、日頃から大変お世話になっており、心より感謝しております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

明翔会姫路  石井宏明