釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 矢野 勝彦 > 鳴門 里浦海岸 キス釣り大会の釣行レポート

矢野 勝彦SURF FISH Field Tester

鳴門 里浦海岸 キス釣り大会の釣行レポート2014.10.21掲載

晩秋の冷え込みが厳しい早朝、鳴門市の里浦海岸で、がまかつファングループのキス釣り大会が行われたので参加して参りました。県内外より約40人が参加し、里浦海岸一帯(約4キロ)を会場に各自思い思いの釣り場へと足を運びます。前評判では北側が良く釣れている情報がありましたが、範囲が広いので、僕は南側を目指して歩きました。南端には15分くらいで到着しましたが、波止からは多くのキャスターがルアー釣りをされており、真正面に投げる事ができません。仕方なく、40メートル以内を斜めに引く釣り方で、8cm~11cmと小型が主体ながら84匹の釣果。中には20cmクラスの良型サイズも混じり、三時間ほど釣った後には潮も止まりかけたので一旦中止し、日も高くなったので半袖シャツになり、気持ち良いくらいの行楽シーズンを満喫しました。同じ場所へ足が痛いと言いながらも、歩いて来られた瀬尾師匠も随分と連掛けを見せてくれました。
計量場所へと戻る途中では、県外からの参加者との交流も深め投げ釣りの醍醐味に話題も膨らみます。
魚は釣れなくても、最高の天気と仲間たちとの出会いに感謝し、いざ計量。
やはり北側へ歩かれた方々は多くが50匹以上を釣り上げていましたが、もうひとつ釣果が伸びなかったようです。同じクラブの石川さんが82匹を釣られておりトップだったので、二匹差で優勝する事が出来ました。
前回も書きましたが、キスは足で釣れ!!皆さんも一つのポイントに拘りを持たず、どんどん移動して釣果を伸ばして下さいね。
きっといいポイント、いいキスとの出会いが待ってます。

今回使用したタックルは、パワージーニススリム0.8号にアタッチメントテーパー(レッド)1.5号~12号。オモリは影山産業のTG27号。竿はがま投げバトルサーフ33号430を使用。