釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 矢野 勝彦 > 協会大物大会参戦

矢野 勝彦SURF FISH Field Tester

協会大物大会参戦2015.04.07掲載

皆様お久しぶりです。
今回は、徳島協会の大物投げ釣り大会へ参加しましたので、その模様をお伝えいたします。前日の午後7時より釣りを開始し、翌日の午後2時までに計量場所へ帰着と言うルールで、場所は県内外を問わず何処で釣っても構いません。
先に言い訳をさせて下さい。前日の夜に急遽接待が入り、午前1時までお客様と楽しい釣り談議をしていました。家に帰って直ぐに出発すれば良かったのですが、雷雨と言う最悪のコンディションだったので、5時に目覚ましをセットして少し仮眠をとります。起きると雨は少し小降りになっていたものの風が強く、当初予定していたアイナメを諦めキビレ狙いへとターゲットを切り替えました。
場所は、家の裏を流れる今切川の河口にある岸壁で、三本の竿をセッティングして開始しましたが、雨と向かい風が次第に強まり心を折れさせます。車横付けのポイントなのですが、足元にも雨が溜まりだし仕掛けを投げるのも難しくなってきたので、場所移動。上流部へと移り、風裏となる場所を探しました。なんとか竿を出し、釣り再開。風も少し収まり、雨も上がってきました。なかなかアタリはありませんが、何者かがエサのマムシをツツいた形跡は感じ取れます。午前中に一件、用事が入っているので残り時間はあと一時間ほど。午前8時を過ぎた頃、真ん中の竿の竿先が震えたように思い見つめていると、その直後、一気に引き込まれそうになりました。
慌てて竿を握りしめ、魚とのやり取りが始まります。距離は100mほどですが、重量感のあるファイトで、少し首を振っています。多分キビレだろうと強引に巻き上げると38cmほどのサイズですが、体高のある立派なキビレでした。写真に収めていると、今度は右端のリールがジーッツと音を立ててドラグが鳴っています。竿を握ると、魚信が微かに伝わっていたので、一気に掛け合わせを行いました。先ほどだけの重量感はないもののパワージーニスを伝わってくるキビレのダイナミックな魚震は楽しくてたまりません。良く似たサイズで二匹目ゲット。その後、竿をしまい掛けた時に、またもやドラグの音が・・・少しだけ小ぶりなキビレを追加して納竿としました。
実釣は少しの時間でしたが、キビレの強い引き心地を楽しみ、内容の濃い釣りとなりました。用事を済ませて、審査会場に訪れると既に沢山の参加者が帰ってきております。今大会は、全日本サーフの対象魚を長寸で審査するのですが、まーレベルの高い事!優勝は56cmのアマダイ。なんと愛媛県まで遠征されていたそうです。家の裏でお茶を濁していた僕が入賞するわけもなく、沢山の拍手をささげて帰着いたしました。
さーこれからは、いよいよキスのシーズンです。良型の情報や数釣りの醍醐味を皆さんにご報告しますので、期待しておいてくださいね。

 

今回使用したタックルは、パワージーニススリム2.0号にアタッチメントテーパー(レッド)4号~12号。オモリは影山産業のタングステン27号と28.5号。竿はがま投げバトルサーフ30~33号430を使用。

仕掛けは、ハリススペシャル フロロカーボンのモトス5号でハリス4号を使用。