釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 矢野 勝彦 > 落ちキス取材報告

矢野 勝彦SURF FISH Field Tester

落ちキス取材報告2015.10.13掲載

 山々の木々も色付き始め、各地の海岸では水際にエサを求めてキスが群がってくるシーズンとなりました。いよいよ本格的な落ちキスシーズンの到来です。
釣れ出したとの情報を聞き、向かった先は里浦海岸。午後からの釣りでしたが、海岸を見ると真っ黒に広がる魚群。カタ口イワシの群れで、見る限り数か所に群れております。投げ竿と同時に、ルアー竿も用意し海岸へと降りて行きます。
まずワームを付けて群れの端っこに投げ込むと、ギュイーンっとラインを引っ張り込みます。ドラグを効かせて取り込んだのは40cmのマゴチ。その後、何度も投げ返しましたがアタリなしで、本編のキス釣り開始です。
この時期、だいたい2色目(50m)以内で釣れるので、手前を探ります。一投目から魚信はありますが、思っているアタリとはサイズが違います。しばらく釣り歩きますと、潮が高くなってきたせいもあり、波打ち際で20cmクラスがアタリ出しました。こうなれば手返し勝負で、2連、3連と数を伸ばして行きますよ。23号の鉛を使用していたので、波打ち際でのアタリは強烈です。結局2時間30分での釣果は65匹。サイズも14~23cm。特大こそ出ませんでしたが、十分納得の釣果です。 途中、ツバス(ハマチ幼魚)のナブラも起ち、心を奪われそうになりましたが、キスのアタリは面白い。パワージーニスより伝わる引き味(醍醐味)は最強です。まだまだ始まったばかりの落ちキス狙い、皆さんもこの機会に是非、食べても美味しい脂の乗ったキスを釣りに行かれては如何でしょうか。

今回使用したタックルは、パワージーニススリム0.8号にアタッチメントテーパー(レッド)2号~12号。オモリは影山産業のブルシンカー23号。竿はがま投げ クイックサーフ20号を使用。
仕掛けは、がまかつ白キスファイン6号50本仕掛け(金ビーズ付)。