釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

杉山 代悟TROUT Field Tester

エキスパート2014.04.05掲載

皆さんこんにちは。杉山代悟です。

今回は4月1日に行われたトラキンエキスパートロデオフィッシュ戦に参加してきました。エキスパート1戦目、2戦目は自分のミスによる敗因でどちらも一回戦落ちだったこともあり、いつもより気合いを入れて望みました。
ロデオフィッシュの特徴として魚が小さく、フックのサイズ、またラインのセッティングが少しでもずれると、バレてしまうということを前日のプラで分かっていたので、少しずつ調整し完璧のタックルセッティングで当日を迎えることが出来ました。
 そして大会当日。前日から決めていたロッド、ルアー、フック、そしてラインで最初の一投。放流魚が沈むことが分かっていたのでカウント5からスタート。すぐさまヒット。そしてキャッチ。完璧のスタイルで何とか一回戦突破。

2回戦:1回戦とは対岸の場所だったので探りながら釣っていくことにしました。
一投目、ニトロントラウト2Lb ニブル1.3gからスタート
一投目でキャッチ。
このままの調子で行けば2回戦も突破できると思いました。
ですがこの後アタリがあるけど乗らないという状況が多発してきました。
でも何か少し変えれば必ずフッキングするようなイイアタリ・・・。何が違うのか、PEにしてみたりロッドを変えてみたりフックの番手を変えてみたり。いろいろ試しているうちに2回戦終了。
結局2回戦突破した方にダブルスコア以上つけられてしまい完敗しました。
プラクティスで完璧にしたタックルセッティングだったのですが。
今回トラキンエキスパートで感じたこと。
自分の詰めの甘さ・・・。
過去最低ポイントで来年のエキスパート戦に残ることが出来なかったので来シーズン1からやり直しエキスパートに上がり、
そしてマイスターを取りたいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
[タックル1(放流用)]
ロッド;シェイプアルティメイト
リール;ステラC2000HGS
ライン;GsoulPE 0.25号
リーダー;海藻ハリス0.6号 2ヒロ

[タックル2(クランク用)]
ロッド;シェイプアルティメイト
リール;ステラC2000S
ライン;ニトロントラウト2LB

[タックル3(スプーン巻用)]
ロッド;トラスト62UL
リール;ステラC2000S
ライン;ニトロントラウト2LB

[タックル4(軽量スプーン巻用)]
ロッド;トラスト62UL
リール;ステラC2000S
ライン;ニトロントラウト1LB