釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

杉山 代悟TROUT Field Tester

ライン紹介2014.12.19掲載

皆さんこんにちは。エリアトラウトフィールドスタッフの杉山代悟です。
最近のエリアフィッシングの釣りが少し変わりつつあります。
ルアー、ロッド、リール等々、進化し続けていますが私が最近感じつつある『ライン』について少しご紹介させて頂いきます。
いままでのエリアフィッシングはナイロン、フロロカーボン、PEとこの三種類のラインを使い分け釣りをしてきました。
ですがここ最近アジングやメバルと言ったライトゲームで良く使われるようになった『エルテルライン』を使用したエリアフィッシングが主流になってきているのです。
私もヨツアミから出されているCHERUM AMBERCORD SG【S-PETポリエステル】が出てから使い始めてみました。
エステルの最初の印象はよく切れる。
というマイナスのイメージだったので最初はちょっと太めの0.3号の1.8ポンドを使用してみました。
使用して思ったのはこのCHERUM AMBERCORD SGは強い!でした。
0.3号だからこそ今まで使っていたナイロンなどとくらべれば格段に細く、飛距離、水への馴染みがとても優れています。
これならもうワンランク強度を落とした0.25号1.5ポンドでも全然大丈夫だと感じました。
ただ1つエステルラインの弱点として摩擦に弱いのでエリアトラウトの場合
リリーサーをかける30センチほどフロロのリーダーを入れる事をオススメします。
このようにエリアトラウトは進化し続けています。
みなさんも是非ヨツアミのエステルラインを使用して楽しいエリアフィッシングを楽しんでみたらいかがでしょうか!