釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 中田 美秀 > 神戸湾のアオリイカ

中田 美秀BASS Field Tester

神戸湾のアオリイカ2008.10.04掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト最近、涼しい日が続き、すっかり秋らしくなった。ここ最近は、神戸港のシーバス、タチウオ、アオリイカをお店の仕事が終わってから、ボートでちょくちょく狙いに行っています。『秋の始まり』ということで、それぞれのターゲットがヒートアップしていると思うのですが、その中でもアオリイカが日に日に面白くなってきています。

新子シーズンであるのですが、攻め方によっては大型も狙えます。温暖化の影響か、産卵時期がずれていて、結構様々なサイズが入り乱れて釣れています。

先日も、最初は2.5号エギで、コロッケ~トンカツサイズを数釣って楽しんでいたのですが、ブレイクが岸に隣接し、潮がぶつかり合う『ここぞ』というポイントの深い側のブレイクで3.5号のエギを使用すると、この時期としては良いサイズといえる、500グラム前後のアオリが数匹ヒットしました。別の日に私ではありませんが、友人は1400グラムを同じポイントで釣り上げました。

YGK UOYA フィールドテスター フォトシーズン的には小型のエギで数を狙う時期ですが、目で確認出来る新子サイズを我慢して(これがなかなか大変)大型のエギで少し深いレンジを攻めると、数は激減するかもしれませんが、思いもよらない大型を手に出来るかも!?

あと、11日の深夜の釣行の時ですが、一切シャクらずに数が釣れたことがありました。友人と釣行したのですが、友人ばかりがヒットする。彼のシャクルリズムを見ていたのですが。。。全くロッドを動かさないのです。キャストしてエギをドリフトさせ、ボトムに到着したらラインのフケだけで操作。まるで琵琶湖のウィードエリアでライトリグを丁寧に扱っているような感じです。エギが何かに引っかかれば、ほぐすように軽く外す。

この日は夜行虫がかなり光っていたので、『なるほどな』と思いました。エギのズル引きも状況によってはかなりの威力があるようです。
やはり、常識にとらわれず、あれこれ試すことが大切ですね。
最近エギングには、G-SOUL WX8を好んで使用しています。シーバスも含め、キャスティングメインの釣りには非常に使いやすい!ライントラブルも皆無で、何よりも初期性能が持続するので長く使えます。湾奥エリアで様々なターゲットを狙うには、最高のPEラインだと思います。本当に扱いやすいです!

タックルデータTACKLE DATE
(ロッド)  メガバス 海煙 C-78L
(リール)  シマノ セフィア2500S
(ライン)  YGK G-SOUL WX8 0.8号
(リーダー) YGK DARM 7LB
(ルアー)  メガバス ダートクルー 3.5寸