釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 楠本 直樹 > ザ・ストロングパワーベイト アジ編

楠本 直樹BASS Field Tester

ザ・ストロングパワーベイト アジ編2008.11.10掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト先日、ザ ストロングパワーベイトのロケに行ってきました。

ちょうど新製品のスティールベイト “いちご”を発売した直後と言うこともあり、ターゲットは今巷で大人気のアジ!!
ゲーム性はもちろん、サイズの割に良く引くし、オカッパリで近所の海で釣れるってのも、魅力の1つ。あと、食べて美味い☆

道具は、アジゲー専用も発売され始めたが、メバル用や菅釣りロッドでも流用出来る。
今回私がメインで使ったのはキャロライナのフォーリング重視のボトム釣りには、操作性重視のこのセレクトで。
ROD megabass XOR 礁楽 SL-64SL
REEL Daiwa CERTATE 2000
LINE YGKよつあみ GALIS ROCK FC月影 2.5LB
LURE STILLHUNT スティールベイトSW いちご
WEIGHT isoken ウエイトストッパー 3B~0.8号+Cultiva メバル弾丸 0.4g/#10
BOX Sparkle カスタムスタンド システムキット
VEST Pazdesign ラフトポーチ

YGK UOYA フィールドテスター フォト表層、中層のタダ巻きの釣りには、喰い込み重視のこのセレクトでした。
ROD オリジナルロッド RS-78UL 
REEL チームダイワS 2004C
LINE YGKよつあみ GALIS ROCK 月影 2.5lb
LURE STILLHUNT スティールベイト いちご+ オサムズ・ファクトリー ただ引きプルプル
JIGHEAD ロケットヘッド 1/16oz

当日の平均サイズは17センチ前後だったので、吸い込んだ時に口に入りやすい、ゲープ幅の狭めのものを仕様しました。
新しく始まった釣りはテクニック的なことばかりが先行されがちだが、実はタックルセッティングこそが重要。これが1番差の出る原因。

で!ロケ当日ですが、いろんな釣り方をやりましたが、1番「これだな!」とハマった感のあるテクニックは、カーブスローロールでした。リールを完全に止め、カーブフォールで喰わすのは、アジゲーではあたりまえのテクニックなのだが、水深が浅い所だと速くボトムに着き過ぎる。シンカーを軽くし対応したのだが、この日はフォールが遅いと見切られたので、カーブフォールさせながらゆっくりリトリーブすることで、重めのシンカーでのフォール時間を長くとることに成功し、激ハマリ☆
まあ、エギングでのシャロー攻略でもよく使うテクですけどね!

そうそう!この釣りにおいては、もちろんボトム重視のタックルを使うのだが、ラインは絶対にフロロカーボン!YGKよつあみ GALIS ROCK FC月影 2.5LB がベスト。
フォールのバイトが解る解らないは、ラインをナイロンからフロロに変えるだけで、まったく違う。スプールや潮へのなじみ感、操作性、強度とも抜群である。

ザ ストロングパワーベイト アジ編は12月1日から配信開始ですので、お楽しみに。

STILLHUNT スティールベイト いちご
http://www.stillhunt.net/

オサムズ・ファクトリー ただ引きプルプル
http://osamus-factory.com

YGKよつあみ GALIS ROCK FC月影 2.5LB
http://www.yoz-ami.jp/Lightgame/015.html

ザ ストロンパワーベイト
http://videosearch.yahoo.co.jp/movie_search?vt=list&p=the+strong+power+bait&s=datenew