釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 楠本 直樹 > 久しぶりにヤフー動画の人気番組、「ザ・ストロングパワーベイト」

楠本 直樹BASS Field Tester

久しぶりにヤフー動画の人気番組、「ザ・ストロングパワーベイト」2009.05.26掲載

久しぶりにヤフー動画の人気番組、「ザ・ストロングパワーベイト」のロケに行って来ました。ボートからの取材が多いのでオカッパリからやって欲しいと言うことなので、香川県の野池を数ヶ所セレクトし、順番に回って行くことに。
最初の池に着き水中を覗いてみるとネストは見られない。が、ちらちらと表層をフラフラ泳ぐ魚影は見える。ポスト~アフタースポーンな感じなので、とりあえずストライクベイト4.5inchのノーシンカーをシェードにスキッピンで入れ、タダ巻きで追わす釣りを意識し誘うと、ギルからバスまで小さなシェードで連発!!回復傾向のバスはスポーニング場所の近くのシェード集まるので、場所さえ見つければ楽勝!
カバースキッピングし易いワームを選ぶことも重要で、ストライクベイトほど誰にでも簡単にスキッピング出来るルアーはない。ストライクベイトシリーズ最大の5.5inchに至ってスキッピング射程距離30mまでに及ぶ。

YGK UOYA フィールドテスター フォトこの時重要なのはタックルセレクト。スキッピング用に使ったのはFishArrow モンスタークイーンNEO―S610に、ラインはYGKよつあみ ニトロンPE FinesseStage 18LB+YGKよつあみ カイソウハリス2.5号をリーダーに1m程使用。
パワーとトルクのある全力全開で振り切れるロッド、ロングキャスト可能な細く軽く強いラインは、パワーフィネスの釣りには絶対になくてはならないものである。

次に選んだ池は全面ウィードだらけの池。
表層をストライクベイトのフラフラ引きで誘うも反応が無いので、ブラスターホグのテキサスリグでの、ウィードスリットやポケットの釣りに変更。
バスも正直なもので、あまり叩かれない場所に入れると連発☆
水面はウィードに覆われていても、根元も覆われている訳ではない。1本の根から枝分かれし伸びるので、意外と水中はスカスカなんです。マット系の釣りを覚えると、夏の攻略の幅が広がります。

YGK UOYA フィールドテスター フォトまあ、いろいろと詳しいことは配信日に☆
6月1日予定ですのでお楽しみに!!。

 

スキッピングタックル
ROD Fish Arrow MONSTE RQUEEN NEO NEO-S610L
REEL Daiwa CERTATE 2506 FINESS CUSTOM
LINE YGKよつあみ ニトロンPE Finessse Stage 18LB (1.2号)
LEADER カイソウハリス 2.5号
LURE STILLHUNT ストライクベイト 4.5inchと5.5inch

ウィードカバー タックル
ROD Megabass F5-69X BRIGANDAGE
REEL Daiwa TEAM DAIWA ZILLION 100HL
LINE YGKよつあみ DARM 16LB
LURE STILLHUNT ブラスターホグ