釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 楠本 直樹 > ヤフー動画、ザ ストロングパワーベイトVol.28「秘密兵器!フリルシュリンプ編」

楠本 直樹BASS Field Tester

ヤフー動画、ザ ストロングパワーベイトVol.28「秘密兵器!フリルシュリンプ編」2009.09.01掲載

この秋、スティールハントから出す予定の“ブーム間違いなし?”のシュリンプ系ワーム“フリルシュリンプ”のパワーをお見せしたかったので、シャローに抱卵した手長エビが多い、標高の高い場所にあるリザーバーにザ ストロングパワーベイトのロケに行ってきました。
狙う場所としては抱卵した手長エビが身を隠せれる様なゴロタ石やブッシュなどのシェード絡み。MAX水深で3mぐらい。バスが好きそうな場所を探すよりも、メインベイトの手長エビが居そうな場所を釣っていく方が、攻略としては単純で簡単です。基本夜行性ですが、日中でもシェードの濃いエリアでは積極的に活動します。たぶん日本で一番バスに食べられているベイトに間違いない!
結果から言うと、「反則じゃね?」な、ぐらいの爆釣でした。

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ROD  F3・1/2-70XSGti JADEPYTHON(メガバス)
REEL  CERTATE 2506 FINESS CUSTOM(ダイワ)
LINE Finesse Stage 18LB (1.2号)(よつあみ)
LEADER  カイソウハリス 2.5号(よつあみ)
LURE STILLHUNT フリルシュリンプ(プロト)
          +
      ガードスピンジグ パラシュート 1/16oz(ケイテック)
SUNGLASSE Astro-5(パズデザイン)
リップラップやブレイク、通常のカバーはフリルのネコリグ。濃いカバーならスモラバのトレーラーとして使用。手が出ない被さり系のカバーは、手長エビにも見える?“ハドルバグ”のバックスライドで攻略しました。
実は、手長エビは小さいサイズのものからハドルバグのような大きなサイズのものまで色々なサイズものがいるので、マッチ・ザ・ベイトを意識したサイズをセレクトするのも釣果を伸ばすコツでもあります。

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ROD   F1-63XS Dti LYCAON Evolution(メガバス)
REEL CERTATE RCS2004エア(ダイワ)
LINE  DARM 3LB(よつあみ)
LURE STILLHUNT フリルシュリンプ(プロト)
    (1/20ozネイルシンカー)
HOOK モスキート HG #2(ノガレス)
       +     
ネコリグマスター #S(ノガレス)
SUNGLASSE  Astro-5(パズデザイン)

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ROD F7-711X  SEVEN ELEVEN(メガバス)
REEL  STEEZ 103HL(ダイワ)
LINE  DARM 14LB(よつあみ)
LURE ハドルバグ(フィッシュアロー)
(テールに1/32ozネイル)
HOOK ビッグバイトフィネス #1(カツイチ)
SUNGLASSE  Astro-5(パズデザイン)

今回のヤフー動画、ザ ストロングパワーベイトVol.28「秘密兵器!フリルシュリンプ編」は9月1日(火曜日)配信です。
生きた手長エビとの夢のコラボもあるので、とりあえずは動画にて“フリルシュリンプ”のパワーを感じて見てくださいな!