釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > ザ ストロングパワーベイト Vol.98レポート

松本 猛司BASS Field Tester

ザ ストロングパワーベイト Vol.98レポート2015.07.16掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト今回のザ ストロングパワーベイトは大分県 日指ダムで行われた九州陸釣りチャンピオンシップ・大分予選大会と奈良県 布目ダムで行われたH-1グランプリ・オープン布目ダム大会の模様です。
九州陸釣りチャンピオンシップは、釣りをするスペースがないぐらいの参加人数162名の大きな陸っぱり大会になりました。
日指ダムが初めてだったこともあり、湖の“クセ”を知らずにノーフィッシュ。
日指ダムは岸際のシャローエリアにもバスが付きそうな障害物も多く、シャローエリアが良さそうに見えるのですが、何故かそう言った障害物にはバスが付いておらず、フル遠投で沖を釣るのが正解のようでした。
皆さん沖を狙いグッドサイズのバスをキャッチされていました。
大会終了後はジャンケン大会などもあり、大会ならではの楽しさが少しでも伝わればと思います。
次に、関西初上陸となるハードプラグの大会、H-1グランプリ・オープン布目ダム大会の模様。
こちらは、私もよく行く布目ダムと言う事もあり、ある程度ポイントや釣り方も分かっていたので頑張りました。
今回のメインベイトは、来年発売予定のレイチューンさんとのコラボミノーの「スリーショット」を使ってのミノーイング。
このミノーは渓流ミノーの第一人者でもあるレイチューンの上原さんがデザイン設計し、スティールハントの楠本くんとフィッシュアロー松本がテスト&アクションを出した3人のコラボで実現した自信作のミノーです。
80mmは、円柱型タングステンウエイトのマグネットシステムを採用したことによって飛距離とキレのあるダートを実現。(65mmは固定タングステンウエイト採用。)
また、どちらも超早巻きにも対応するバランスの良さが特徴です。
朝イチは、スリーショットからスタート。
開始早々にバイト!
しかし、痛恨のフックアウト。
その後も40アップがバイトするがまたもやフックアウト。
陽が昇ってバイトがなくなったので、ゼンマイルアーにチェンジ。
1点でのパタパタアクションはやる気のないバスに口を使わせる究極のルアーだと思います。
5バイト2フィッシュ。
もう1匹釣れればと思う悔しい大会になりましたが、ゼンマイルアーの可能性と楽しさを再確認出来たのが何よりもの収穫でした。
今回のザ ストロングパワーベイト Vol.98本編は7月9日配信なので、お楽しみに。

YGK UOYA フィールドテスター フォト
 
YGK UOYA フィールドテスター フォト
タックルデータTACKLE DATE
スリーショット:タックル
ロッド:ブラックレーベル641LXS(ダイワ)
リール:イグジスト2505F(ダイワ)
ライン:ナスリードレッドライン5lb(YGKよつあみ)
ルアー:スリーショット・プロト(フィッシュアロー)

ゼンマイルアー:タックル
ロッド:スティーズ701MHFB-SV フランカー(ダイワ)
リール:ジリオン(ダイワ)
ライン:PEライン 5号(YGKよつあみ)
ルアー:ゼンマイルアー