釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

上杉 貴人SHORE Field Tester

釣行レポート2013.07.18掲載

私のホームエリア、大阪泉南方面でいよいよ夏イカシーズン全開という感じになってきた。
今年はゴールデンウィーク頃からポロポロと釣れだしたのだが、なかなか安定性がない状態が続いていた。
しかし、ここにきて釣果がグンと伸びてきた。
一般的に7月といえばアオリイカシーズンは終わりと思われがちであるが、泉南エリアはまだまだ産卵モードの親イカも多く、そして夏イカは活性が非常に高いのでエサをアクティブに追う個体が多い。
サイズのわりにパワーがあり、引きも楽しめるのもこの時期の特徴でもある。
それを楽しみに毎夜泉南の海に出かけているのだが、ポイント選択とタイミングが非常に大事で、潮が動かなくてはスイッチが入りにくく釣果は極端に落ちる。
その流れに当てながらエギをスローフォールさせてやるのがひとつのキモで、それを意識しながら釣りをしてやると自然に釣果がついてくる。
その際、もうひとつ大事なのはラインの選択である。
むやみに太いラインは流れや風に対しての抵抗が増えるので、極力細いラインを選択してやる事。
そうする事によって流れの中でもエギをコントロールしやすく、さらにアタリも取りやすくなる。
適度な張りを持ったWX8GesoXはエギングをするうえで、私の中では絶対外せないラインである。
特に0.6号はほぼ1年中使っており、強度は勿論の事ながら抜群の操作性を誇っている。
ライン選択に迷っている方や、更なるステップアップを望むアングラーには是非使っていただきたい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド LEGAME 斬83プロト
リール ダイワルビアス2506
ハンドル DRESSガトリングD11Wハンドル
ライン YGKよつあみWX8GesoX0.6号160m
リーダー YGKよつあみGP-Z2.5号
エギ 3.5~4号各種