釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 上杉 貴人 > 泉南秋のアジング

上杉 貴人SHORE Field Tester

泉南秋のアジング2014.10.07掲載

私のホームである大阪泉南エリアでいよいよ秋アジングシーズンが開幕した。
泉南エリアでは同じポイントでもその年によって釣れるサイズが変わってくる。
例えば同じ漁港のジグ単でも15センチが平均の時もあれば25センチが普通に釣れる年もある。
そんな泉南エリアで今年は異常事態がおきている。

泉南某ゴロタエリアではこの時期はわりと25~29センチの個体が多いのだが、尺を超える個体がとんでもなく多いのだ。
いつもの年であれば尺サイズは7月末~8月上旬に回遊してくる場合が多く、今年も同じであった。
しかし突如始まった30~40センチオーバーの巨アジの大回遊、実は過去に例がない程の状態である。
ただ、このサイズを狙うには一定の条件がある。
まずは沖30~50メートルにある10~14メートルまで落ちるブレイクの沿いを基本に潮流によって前後して回遊する個体を狙わなければならないのだが、フラット部の平均水深が3~5メートルなだけにショルダー部の角度がきつく、リグの沈下速度の選択と距離の把握、そして操作感が損なわれてしまうと一瞬にして根掛りしてしまう。
そうなると当然PEは細く、そしてヒットゾーンとブレイクの距離が目視で把握出来るようなラインがベストとなる。

そうなるとG-soul PE 5カラー0.3号の出番となるのは当然の選択だろう。
抜群の操作感と10メートル毎にカラー分けされ、さらに1メートル毎にイエローマーキング、長さも200メートルあり、時には70~80メートルもの遠投を行うこの釣りにはこれ以上ない存在である。
リーダーはしなやかでありながら表面硬度の高いGP-Zがベストマッチ。
この組み合わせで是非泉南尺アジを攻略していただきたい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド LEGAME X-ARMATURA 烈煌
リール シマノ ステラC2000S
ライン よつあみ G-SoulPE5カラー0.3号200m
リーダー よつあみ GP-Z1.5号
フック マグバイト アッパーカット フックオンリー#6