釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 三宅 伸豪 > メバルウェーディングゲーム

三宅 伸豪SHORE Field Tester

メバルウェーディングゲーム2011.02.14掲載

みなさんこんにちは!フィールドテスターの三宅です。今年に入ってシーバスゲームばかりだったのですが、メバルゲームがしたくなってきたので、泉南方面にウェーディングメバルゲームを楽しんできました。
この日は夜の9時半頃が満潮で、7時頃から満潮イッパイまでを楽しんできました。

泉南周辺のこの寒いシーズンのメバルのメインベイトは小魚ではなく、流れの中を浮遊する甲殻類がベイトなんです。そこで、チョイスしたルアーはその中を同じように浮遊させることのできるワンダー45や、メバペンソリッドのような比重の軽いシンキングペンシル。コレを沖目の強い流れにキャストしてその強い流れの中をふんわりと流していくんです。

この時に大事なことは、飛距離で、その比重の軽いルアーが沖の流れにとどかなければ釣れないのだ。ここで、極細ラインが有効になる。そして今回、新しく発売されるYGK GーSoulWX0.3号を使ってみることに!WX3の先には糸クセがつきにくいGPーZの1.2号を装着。

ポイントのサーフに到着してすぐに用意をしてエントリー。キャストを開始する。まずはエエ流れがある所を探しながらランガン。流れが無いところでは釣れにくい。

そして、見つけました!エエ流れ。かなり沖にその流れがある。WX3 0.3号を巻いていて正解だ!
その流れの中にワンダー45を流し込む。すぐにその流れからルアーが抜けてしまうため、なるべくリトリーブさせずにギリギリのテンションで流していく。すると、引っ手繰るようなバイト!サイズはポチポチだが1匹目をゲット!。

楽しい♪さらに、同じ所にワンダー45を流していくとバシバシとヒット!楽しい!

ねんのためルアーをとっかえひっかえしてみたが、ヒットしたのはワンダー45とメバペンソリッドのみ。

この後もバタバタとヒットしてゲーム終了。今回のゲームは極細ラインWX3なしではなりえなかったゲームだったと思う。蛍光イエローで視認性も高く使いやすいラインと確信した。
このWX3、私のライトゲームのメンラインになりそうだ。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド Go―Phish パワーセブンul76―P2
リール DAIWA 旧ルビアス2004
ライン YGK G-soulWX3 0.3号
リーダー YGK  GP―Z 1.2号
使用ルアー  ラッキークラフト ワンダー45  スミス メバペンソリッド