釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 橋本 健二 > 強風の中でのハマチ釣り

橋本 健二SHORE Field Tester

強風の中でのハマチ釣り2014.02.27掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト皆さんごぶさたしてます。
冬型の天気になり北風が強く吹く季節になり、ホームでは青物シーズンも終盤に差掛かってきたところですが、風が強い為ジグでの釣りをしていると風でラインを引っ張られるため食わせのタイミングが合わずに苦労してたもので2号に落してタイミングが合うように調整して何とかジグで一本釣る事が出来ました。

高水温の為か魚が中層から上に居るらしく、底を探ってもヒットする事が無くて、トップウォータープラグに変えると反応が良く数は釣れるのですが、どうしてもジグで釣りたかったもので強風の中色々試してみました。

YGK UOYA フィールドテスター フォト段は大型のヒットを想定してキャストマン3号を使ってるんですが、1.5号~3号で色々試して細くしたらルアーの沈みが早くて強い風の中でもジグを良い感じに操作する事が出来ましが、荒れた海でキャストマン2号ショックアブソーバー40lb6mを使ってみて3~4kgのハマチサイズならラインをほとんど出す事もなく、リーダーの適度な伸びからなのかラインの限界も釣人側から把握しやすく非常に使いやすかったです。これから終盤にかけての大型に期待して頑張ってみます。