釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 小町 広一 > 東京湾シーバスボートゲーム

小町 広一SHORE Field Tester

東京湾シーバスボートゲーム2015.02.24掲載

先日、仲間内でボートをチャーターし、シーバスゲームへ行って参りました。
 
全体的な流れとしてはアフターの個体をディープレンジで狙うのがこの時期のセオリー、
釣り方はジギングをメインとし、時折、スピンテールや鉄板系バイブでリトリーブへの
反応を見て行きます。
 
今回の結果は残念ながら、狙いの良型キャッチとはいきませんでしたが、それでも
水深15m~30mラインでルアーを操り、明確なイメージを持って掛けて行くこの釣りの
楽しさを改めて感じる事ができました。
 
この先のシーズン、水温上昇と共にシーバスの活性は一気に上がって行きます。
陸っぱりもボートもにぎやかになっていく時期ですので、自分も魚に負けない様に
どんどん活性をアゲて行こうと思います♪

タックルデータTACKLE DATE
【タックルデータ1】→ ジギング
ロッド :PALMSメタルウィッチ(MTGS-631T)
リール :13メタニウムHG
ライン :YGK ジグマン X8(0.8号)
リーダー:YGK ナイロン(20LB)
ルアー :ZetZスローブラットワイド(60g)etc...
スナップ:オーシャンスナップ(3BB)

【タックルデータ2】→ 鉄板系
ロッド :PALMS ELUA MOLLA(MGC-74XHM)
リール :タトゥーラ(103SH-TW)
ライン :YGK エヌウォーカー フロロ(16LB)
リーダー:なし
ルアー :ZetZハンネル etc...

偏光:STORM RIDER