釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 小町 広一 > 尺メバハントにおけるリアルデシテックスの有効性

小町 広一SHORE Field Tester

尺メバハントにおけるリアルデシテックスの有効性2015.05.22掲載

極細径で最強強度を誇るリアルデシテックスを用い、 難攻不落のゴロタ磯で尺メバルを攻略してきました。

ゴロ磯は水面から岩が露出しているなどの箇所が 点在するシチュエーション。
シャローフラットな地形のため、 ヒットポイントが遠い場合も多々あります。

この事から、ゴロ磯への釣行時、これまで自分は 0.6号のPEを基準に考えていたのですが、 今回からはリアルデシテックスの0.3号を採用しました。

この背景には直線引っ張り強度の高さに安心感を得られた というメンタル的な要因がかなり大きい!!
具体的な数値で記すと、0.3号でMAX10lb(Ave8)のスペックとなります。

この高い強度を活かし、
「掛けたらゴリ巻きで勝負を掛ける!!」
これが、僕のイメージです。

今回はフラッシュJハドル1”SWのキャロでHITさせましたが、 ベイトを強く意識し始めるこれからの時期はプラッキングが メインとなって行きます。

必然的に飛距離が釣果に直結する重要なファクターとなりますので、 リアルデシテックスの性能を活かし更なる大物を狙っていこうと思います。

Real dtex Premium WX8