釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 加地 武郎 > ようやく上向いてきた鳴門エリアのメバルゲーム

加地 武郎SHORE Field Tester

ようやく上向いてきた鳴門エリアのメバルゲーム2012.03.01掲載

シーズンが遅れてる徳島県のメバルですが
ようやく安定して顔をみることができるようになってきました
この日も鳴門エリアへ釣行!
満月の夜は条件的には宜しくありませんが
風が弱かったのでメバルの小気味良い引きが味わいたくて来てしまいました^^;
潮は大きいのでジアイは短いかな?と思い
素早くタックルをセットし、まずは小型のシンキングペンシルからスタート!
ライズはまったくなくシーンとした感じ・・・
ただ流れはしっかりと効いてて雰囲気はアル( ̄▽ ̄)
遠くかな?と本能的に感じ潮流に対して垂直にフルキャストし
そのままラインをしばらく出してから馴染ませてリトリーブ開始!
するとモゾッ…
この違和感に反射的にアワセを入れるとゴンゴンッ!と魚信が伝わる!
キターーー!!! 
人間の感覚ってすごいんです^^;
雰囲気とか、なんとなく・・・とかって結構当たります♪
このパターンでしばらく釣れ続き
反応が無くなると足元へ1.5gのジグヘッドにストレート系のワームを入れると
ポツポツと釣れてくれるので飽きない程度に楽しむことができました^^
この日の最大サイズは29cmと尺には一歩届きませんでしたが
YGKよつあみのG-soul WX8 #0.3 にGP-z #1.75 の組み合わせはやりとりに不安感もまったくなく
まだまだ強度に余裕を感じたので春からの体力を回復した
ランカーメバルにもこのシステムで挑みたいと思います♪

タックルデータTACKLE DATE
Rod / GM Lotsu86
Reel / EXIST2004
Line / YGK よつあみG-soul#0.3 + GP-z#1.75
Bag / Anglers-Design ADウェストバッグ
Glove / Anglers-Design 5フィンガーレスグローブ
Lure / COREMAN パワーヘッド2g + ミニカリ(仮称)
   / TACKLE HOUSE Twinkle mute