釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 加地 武郎 > 今年の春メバルは天候に恵まれず・・・

加地 武郎SHORE Field Tester

今年の春メバルは天候に恵まれず・・・2014.04.16掲載

毎年、初春にはデカいメバルを求めて磯へ港湾へと足繁く通うのですが どういうわけか今年は週末ごとの悪天候に悩まされております(+_+) 厳寒期のポットベリー狙いでも爆風に悩まされ思うような釣りが展開できず アフターの回復してきた筋肉質なメバル狙いでは土砂降りの雨続き・・・ そんな中でも昨今のラインの進化により風や雨の日でもなんとか釣りを続けることができております♪ 標準的な僕のメバル釣行に使うラインはG-soul PE #0.3 + GP=Z #1.75 です これで掛けたメバルに引っ張り合いで切られたことは一度もないので 安心して使っていただけると思います ライン号数は0.3号と細いとはいえPEラインは風に弱いという欠点がありますので キャストは低い軌道でサミングをしたラインコントロールがうまくできないと 悪天候時には釣果を得るのは難しくキャストスキルは必要ですが 辛抱の釣りを続けることでスキルアップにも繋がったのか 今シーズンも尺サイズのメバルを釣り上げることができております^^ バラシの少ないジグヘッドワームでしっかりと掛けて数少ないチャンスを物にしたいのですが 爆風では飛距離が稼げません! こういうときは小型のシンキングペンシルの出番です! 着水前にライン放出はしっかりと止めてラインを水に着けてルアーがなじんでから リトリーブを開始します! これで風にラインが引かれ狙いのトレースコースから ルアーがズレてしまわないようにコントロールします! 後は風や潮の効き具合に応じてリトリーブコントロールでじっくりと見せながら・・・逃がしながら・・・なイメージで。 するとズンッ!!!とずっしりした重量感のバイト! ゴンゴンと首を振って抵抗するシグナルから大型を確信できます! 磯場なので少々早めの勝負を掛けると少し強めのドラグもジリリと引き出す強引を見せてあがってきたのは 強烈に体高の盛り上がった尺メバル!33cmは越えています! まるで抱卵固体???と思わせるほどのお腹ですが完全にアフターから回復後の固体! 引くはずですw 同様のパターンで数尾のキャッチをしてびしょ濡れ釣行は終了^^; 今シーズンのメバル釣行はまだまだ続きますが少しは天気の良い中でじっくりと釣りをしたいですね・・・ 今後に期待です^^