釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

浅井 勲EGING Field Tester

伊豆釣行2012.10.25掲載

皆さんこんにちは、エギングフィールドテスターの浅井です。 今回は10月13日に関東の伊豆半島に行って来た様子をレポートさせて頂きます。 今春シーズンは好調であった伊豆半島。当然、新子の成長が気になります。 という事で、秋アオリ釣りに行ってきました。 いつもであれば南伊豆まで足を伸ばすのですが、今回は伊豆半島の付け根の沼津エリアに釣行。このエリアの特徴は何といっても沖にはディープな駿河湾が控えていて魚種は豊富なエリアである。 半島の南に行くにつれて磯場が広がりサイズは望めるが交通のアクセスが悪く、秋のシーズンに釣行するのはリスクが高いので今回は交通の便が良くお手軽な沼津から大瀬崎の間をランガンすることにした。 当日は快晴で風も無く釣り日和だが潮は小潮。まずは、このエリアでは水深のある江梨よりスタート。 水深があり潮通しが良くゴロタの絡むポイントなのでアオリの溜まりやすい地形が続いている。足場の良い漁港回りは既に釣り人で賑わっているのでバッティングの少ない磯場にエントリー。前情報では水温が高く、青物の活性もまだ高いようである。実際に水温計で計測すると水温は24℃もあった。 今回は不意の青物対策としてラインをジギング用のULTRA JIG MAN WX8 0.8号 200Mを巻いてのチャレンジである。 3.5寸をキャストしてボトムを取った後に3~5回軽くジャークで誘いテンションフォールでアタリを待っているとブレイクのボトム付近で押さえ込むような感触があったので、そのまま張らず緩めずでステイキープすると、ゆっくり持っていくような感覚。スイープに合わせると引きが伝わってきたので、慎重に寄せてくると500gのアオリであった。この時期にしては良型である。その後もボトム付近で連続してヒット。今日はこのパターンが有効のようである。試しに中層のレンジをダートを交えた早い釣りで誘うとひったくるようなアタリはあるがサイズが100~200gと小さい。 日も昇りアタリも遠のいたのでポイントを移動しながらランガンで狙うが釣れるサイズは100~200gが中心である。どうやらこのサイズがアベレージのようである。 サイズアップを狙う為、夕マズメに再度狙いを付けて休憩を兼ねてサーフのキス釣りにチャレンジ。もちろんタックルはアオリ狙いのままでオーケーなので手軽に狙えるのも嬉しい。PEラインの感度が良いので小さなキスでも容易にアタリが伝わってくる。しばし入れ食いモードに突入して気が付けば、既に夕マズメになろうとしているので急いでポイントを移動。 再び朝のポイントに入り直して狙うが・・・ヒットしてくるのは200gであった。完全に日が落ちて少しの間、粘ってみるが良型がヒットする事は無く納竿とした。 今回の伊豆釣行では秋パターンを堪能する事が出来た。これから、秋も深まるに連れて一潮ごとにアオリもサイズアップしてくるシーズンなので皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド/カンジインターナショナル<EX-80 POWER TRAIN>
エギ /     同上     <プロスペック3.5寸>
リール/ダイワ         <ブランジーノ3000>
ライン/よつあみ        <ULTRA JIG MAN WX8 PE0.8号 200M>
リーダー/よつあみ       <GP-Z 3号>