釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 岡 隆之 > ボートエギングレポート

岡 隆之EGING Field Tester

ボートエギングレポート2015.04.23掲載

お久し振りでございます!!

フィールドテスターの岡です。

なかなかエギングに集中出来ない日々が続いていましたが、新たなラインを使用する為、エギングしてきました!

私は、常にGESO-X WX8 0.6号を数年間使用してきました。

これじゃなきゃダメっ!!
と、感じていましたが、
今回のラインも良い感じで、使用出来ました。

今回のラインは・・・

G-soul アップグレードPE WX8 0.6号です。

強度・操作性能はモチロンですが、私が重要視しているのが、『張り』です。

この張りが、潮の同調性を上げてくれています。

今回のフィールドは、和歌山県 田辺市の百匹屋ボートエギングです。

水深も様々、地形変化も大きく、潮の変化もそれに伴って変化します。

ラインのデビュー戦としては好条件です。

当日は、海上に出ると、明らかに潮色が悪い事に気付きました・・・

大阪湾からの潮の流入で、条件は最悪・・・

ポイントを転々とし、紋甲イカ、タコがヒットするも肝心のアオリイカがヒットしませんでした。

あっという間に時間が過ぎ、最終ポイントに・・・

このポイントは潮通しも良く少しは、悪条件を打開出来るポイントです。

数投した時に、一際流れる場所を発見!!
船長に『何かある??』と聞くと
小さなハンプがあるとの事!

しかし、エギを通すとハンプの奥に強い流れがあり、手前の流れは弱い・・・。

うまくラインメインディングを行い、流れに入ったエギをシャクリ、流れの中でエギが安定しだしたタイミングでようやく、フワっとした小さなアタリ!!

フッキングも決まり、上がってきたのは春のデカイカとは行きませんが、待望のアオリイカにテンション最高潮!!!!!!!

やはり、ラインの重要性を再確認出来た良い釣行となりました。

是非、皆さんも強度・操作性・視認性だけに拘らず、潮との同調性も気にしてみて下さいね!!

では、良い釣りを!!