釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

嶌原 正浩OFFSHORE Field Tester

久米島マグロ2015.07.09掲載

先日、マグロ狙いで久米島に行ってきました。
この久米島のパヤオには通い始めて10年になり、年に1、2回は息抜きに足を運んでます。

今回は2日釣りをする予定でしたが、南風が強く船を出せたのは初日だけ。
その初日も爆風で波高は2.5~3.5メートルあり、よく釣れてるパヤオまでは行けず、近場のパヤオで1日頑張ることになりました。

ポイントに到着後、船長が水深120メートルに大きいマグロの反応あるとのことで、同船者はジギングやエビングで探り始め、 僕は大阪を出発する前からトップで出るイメージしかなく、朝からポッパーを投げ続けた。

開始3時間程で波が高くて目では見えなかったけど、手元に感じるバイトがあった。
再度 同じ誘いでキャストを繰り返すと明らかにデカいバイトがあり、2匹のキハダマグロがポッパーを取り合い、 運良くサイズのいい方が食ってくれました!

今回は知り合いにマグロをいい状態で差入れをするというミッションがあったので、できるだけファイトタイムを短縮したかった。

そこで使ったラインが、PE ガリス キャストマンアブソーバー FULL DRAG WX8  8号
リーダーは新製品のガリス キャストマン T-PⅢ  アブソーバーマサ・ツナリミテッドバージョン150ポンド

FULL DRAG WX8は実績もあり強度も心配なかったが、ツナゲームで肝心なのはリーダー。
ツナゲームのラインブレイクの原因の殆どが、歯ズレやマグロが走った時の尾っぽに叩かれ切れ、
もしくは長時間ファイトによる素材疲労なのですが、 キャストマン T-PⅢ  アブソーバーマサ・ツナリミテッドバージョンは、直線強力を犠牲にしながらも高いテンションドラグ時に伸びきらず復元する強伸度耐力性と、新ALK製法による超硬質表面からもたらせる耐切創性及び超低吸水性をナイロンラインで初めて実現しているまさにツナゲームのためのナイロンショックリーダーで、 このリーダーの強伸度耐力性と耐切創性を信じて思い切ったファイトができ、5分以内でキハダ45キロを取り込むことができた。