釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 浦 満晴 > 晩秋のタチウオワインドゲーム♪

浦 満晴OFFSHORE Field Tester

晩秋のタチウオワインドゲーム♪2014.12.23掲載

晩秋ともなると朝夕の冷え込みが強くなり、フィールドに出る回数が減っていませんか?まだまだ楽しめるターゲットが多いこのシーズン、その中でもタチウオゲームはドラゴンサイズの出現率が非常に高くなってきます!!さぁ、タックルを持って行ってみましょう!と、言う事で神戸港にタチウオワインドに行ってきました。シーズン最盛期と呼ばれる10月に比べると正直なところアタリの数は減ってきます。しかし、高確率で良型がヒットするのは見過ごすわけにはいきません!夕間詰め前にポイントにエントリーしてワインドスタート! 明るい時間帯からキャストを繰り返し、ベイトフィッシュの動きなどを観察しながら地形の変化なども確認しておきます。そして日没前のヒットタイムに突入し、ガツンっ!と私のロッドを大きく曲げたのはメーター超え、101.4cmの良型♪ その後、反応が消えてしまい合計2回あったアタリの内、1匹キャッチに成功♪ 特に半夜釣りでこの傾向(アタリは少ないが掛かれば良型の確率が高い)が確認できています!それでは、同じポイントの朝間詰めはどうなのか? と、別の日に調査に行ってきました! 結論から言うとこの季節特有の「朝パターン」となりつつあり、夕間詰めに比べると高活性なタチウオのヒットがありました!アタリの数も多く、明るくなってからもヒットしてきます。結果、この朝は4匹キャッチに成功。F3~F3.5クラス(80cm台)のタチウオです! 朝と夜(夕)で性格の違うタチウオゲーム! 良型狙いの夕間詰めか? 数狙いの朝間詰めか? 楽しみ多き、晩秋です♪

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:ショアワインダー832KM
リール:イグジスト2510R-PE
ライン : YGKよつあみ Geso-X 0.6/X8
リーダー:YGKよつあみ ショアリーダーFC 20LB
ルアー:オンスタックル ZZヘッド3/8oz・1/2oz+マナティー90